知っておこう!心療内科で行われる治療方法

基本になるのは投薬治療です

心療内科は、ストレスなどが原因による身体の不調を診察してくれる病院です。診察を受けるまでは原因がわからないこともありますが、頭痛や腹痛、よく眠れない、イライラしがちなどの不調が一定期間継続するなら、診察を受けてみるとよいでしょう。心療内科で行われる治療方法は、医薬品を処方する治療とカウンセリングによる治療が基本です。医薬品は錠剤が基本で、ある程度継続して飲み続けることで症状の緩和を目指します。カウンセリングは患者と医師がじっくりと話し合って、患者の行動や考え方の方針を少しずつ変化させて症状の緩和を目指します。医師の方針または症状によって選ばれる治療法は異なり、薬とカウンセリングを併用する事例もめずらしくありません。

ある程度の治療期間が必要です

症状には個人差がありますが、ストレスが原因と考えられる不調を緩和させるには一定の治療期間が必要です。また、薬を使った治療の場合、患者と薬の相性があると考えられています。ある薬を試して効果がなかったら、同様の効果を持つ別の薬を試すことになります。治療効果をなかなか感じられない状況があるかもしれませんが、あせらずに治療を続けることが大切です。治療について不安な点があれば、なんでも医師に相談しましょう。患者と医師の相性もあるので、納得できる診察が提供されていないと思うのであれば、ほかの心療内科に相談してもかまいません。遠方の病院になると交通費が増えてしまうので、通いやすい範囲で主治医を見つけるとよいでしょう。

心療内科を名古屋で探し通院した方が良いか迷っている時に使えるツールが、WEBなどで公開されているメンタルチェックシートです。